最短即日発行可能!管理人イチ押しのクレジットカードはコチラ

ACマスターカードの特徴

今スグにクレジットカードを持ちたい方には是非おすすめしたいのが「ACマスターカード」です。ACマスターカードはアコムが発行しているクレジットカードですが、カードを見てもらっても分かるように全くアコムと分からないようになっています。
ACマスターカードの一番おすすめしたいポイントが【審査時間】です。審査時間がとても短いのでクレジットカードには異例の【最短即日】発行が可能です。急な海外出張が決まった人でも安心です!Masterカードが付いているので世界中どこでも利用できますよ。

融資限度額 1万円 〜 300万円
実質年率 10.0% 〜 14.6%
評価 評価5

「クレジットカード」と「カードローン」の違い

クレジットカードとカードローンは別物ですが、根本的には『お金を借りる』というところで同じです。クレジットカードは、信用会社が買い物した代金を立て替えて、後日一括支払いをすることに対し、カードローンはローンカードを使って利用限度額内でお金を引き出せる方法になります。

 

クレジットカードは「信用」を元にお金を貸すので、カードローンに比べると審査が厳しいと言われています。

 

もしクレジットカードの審査に不安がある場合、カードローンに申し込むことをお勧めします。カードローンは審査時間もクレジットカードに比べると短く、大抵のカードローンは申し込んだその日から借入が出来ます。

 

ここでは数多くあるカードローンの中から、安心して借りれる「銀行カードローン」と「消費者金融系カードローン」を紹介します。どれもCMでお馴染みなので人気も高く、安心して利用できるものばかりです。

 

管理人がお勧めする銀行系カードローンBEST3

三菱東京UFJ銀行カードローン
銀行系カードローンで一押しなのが「三菱東京UFJ銀行カードローン」です。メガバンクなので安心して利用できますし、銀行系の中でも審査時間が早いことで人気があります。インターネット上で申込み、その後お近くのテレビ窓口で手続きを完了するとその場でカードが発行されます。その間、最短40分という速さなので、お仕事をされている方は昼休みを利用することも出来ますね。カード発行後スグにATMからお金を借入出来るので、スグにお金が必要な方にお勧めです。

融資限度額 実質年率 融資スピード
1〜500万円 1.8-14.6% 最短即日
みずほ銀行カードローン
みずほ銀行は日本全国にある大手銀行なので安心して利用できます。既にキャッシュ口座をお持ちの方は審査時間も若干短縮されるメリットがあるので、最短で申し込んだその日に発行されることも可能です。既にキャッシュカードをお持ちの場合、ローン機能を付けるだけでスグに利用できますので、カードが届くまで待つ必要もありません。スグに利用できるので便利です。

融資限度額 実質年率 融資スピード
1000万円 4.0-14.0% 最短即日
新生銀行カードローン「レイク」

レイクは銀行系カードローンの中で唯一『無利息期間』を設けています。無利息期間とは、一定の期間内に借りたお金を返済すると、利息が一切かからないので、借りた分だけ返せばいいことになります。レイクの場合、この無利息期間が2種類あり、借りた金額によって内容が異なります。5万円までの借入であれば180日以内に返済すると無利息になります。5万円を超えた場合は30日間の無利息期間が利用できます。大変オトクなので要チェックです!

融資限度額 実質年率 融資スピード
1〜500万円 4.5-18.0% 最短即日

消費者金融系カードローンBEST3

モビットのカードローン
誰にも知られずこっそりお金を借りたい方にお勧めなのが「モビット」です。モビットは三井住友銀行グループなので安心して利用できます。ネットだけで完結する申し込み方法「WEB完結申込」であれば、郵送物や電話が一切無いので家族にバレる心配もありません。24時間いつでも申込みが出来、パソコンだけでなくスマホや携帯からも申込みが出来るので便利です。

融資限度額 実質年率 融資スピード
1万円〜800万円 3.0%〜18.0% 最短即日
アコムのカードローン
アコムはキャッシングのパイオニア的な存在であり実績もあります。実際に利用した方からはオペレーターの対応が親切・丁寧でとても良かったという高評価もあるので安心して利用できますね。アコムは審査スピードが大変早く、借入が出来るかどうかスグに分かる自動審査だけでなく、その後の本審査も最短30分という速さです。スグにお金が必要な方に特にお勧めのカードローンです。

融資限度額 実質年率 融資スピード
1〜800万円 3.0%-18.0% 最短即日

クレジットカードで税金を払ったお話

金欠の月に限ってお高い公共料金と市民税の支払い通知が届く。。
皆さんはこんな経験はないでしょうか?

 

私はつい最近も市民税の支払いでお金が一気になくなりました…
1期〜4期の間は毎月金欠です。実家暮らしをしている時はお金が溜まる一方だったのに、家を出てからというもの、ほとんど貯金ができなくなりました。

 

そんなある日、また市民税の通知が届きました。(ちなみに督促状です)
支払期限をみるともうすぐで期限がきれるぎりぎりの所でした。

 

市民税を支払える余裕がなく、無理して支払うと生活できないぐらいにピンチでした。
そしてふと考えたのが、「市民税ってクレジットカードで支払えないのかな?」という疑問でした。

 

でもよく考えてみるとコンビニで市民税を支払う時に、「現金のみのお支払いになります」ってレジから音声が流れてるなー。と思い断念。

 

でももしかするとクレジットカードOKのコンビニがあるのでは!?と思い、調べてみたところありました!!FamilyMartとセブンイレブンは使えるみたいです!

 

FamilyMartの場合はTカードのみ、セブンイレブンは電子マネーのnanaco(クレジットカード機能付き)からならクレジットカードで支払いができるそうです。

 

しかし!Tカードは2012年9月30日で公共料金などの支払いができなくなったので2013年現在ではnanacoのみになってしまいました。

 

市町村によっては、クレジットカード決済ができる(自治体への直接支払い・Yahoo!公金払いでの支払い)エリアもあるそうですが、私の住んでいる地域ではダメでした。。

 

お金

そこで私は、nanacoのクレジットカードを作ることにしました。nanacoとは、電子マネーサービスです。クレジットカードからnanacoにチャージできる機能があり、JSB・UC・三井住友・VISA・UFJカードなどが対象になります。私はJCBのクレジットカードを持っていたのでnanacoに登録することができました。

 

クレジットカードの支払いはショッピング1回払いのみで、請求は登録したクレジットカードの振替日になっています。

 

これで市民税の通知が来た時でも安心です。でもクレジットカードを作ってピンチを乗り切る方法は長くは続かない気がします。。市民税がくる前提で貯金はきちんとしておかないといけませんね(汗)反省です。。

 

当サイトでは、様々なクレジットカードの特徴を紹介しています。すぐにクレジットカードを作りたい場合は即日発行ができるカード会社もあります。さらに、すぐに現金が必要になった場合に即日融資が受けられるカードローンもご紹介しています。家族に内緒で利用できるの?申込みや返済はどうすればいいの?など気になるQ&Aもご用意しています。是非ごゆっくりご覧ください。

更新履歴